林檎メール

  • ringobookss☆gmail.com ☆を@に変えて送信してくださいね。
フォト
無料ブログはココログ

foods

チーズのお皿

最近、チーズを大量買いしました。

モッツアレラ、ロックフォート、パルミジャーノ、ホワイト、ヤギのチーズなど色々。お陰でワインが進みます。
食後のチーズの時間も楽しみで、食生活が少し豊かになったような気分です。
モッツアレラは、塩っけのあるイギリスパンにただ乗せて焼いただけで美味しかった。 お客さんに出す訳ではないので、パンも大ざっぱな手千切り。

Img_3391_2

チーズに似合うと思っていたフランスの古いお皿も出して来ました。


Img_3394_2

クスクス

この夏のお助けフードといえば、クスクス。Couscous.
中近東のお料理で、お米のような、パスタみたいな、つぶつぶ。

Img_2597

炊飯器を付けるのもイヤになるくらい暑い日、(もわもわの湯気とか、保温とかも暑くて。。)
クスクスなら、あっという間にできて、使い切っちゃえる。
食欲のない日でも、あの野菜たっぷりスープと、つぶつぶなら喉を通ってくれた。

<作り方>
まずトマトベースのスープを作る。
クスクスがお米のようにあっさりしているので、スープはしっかり味がついている方がいい。
材料は何でもよしなのですが、
冷蔵庫にある夏野菜(トマト、茄子、ズッキーニ、獅子唐芥子、ニンジン、タマネギ、キノコ類)に、私は白身魚のパターンで、具沢山スープに。
夏らしく、タバスコをたっぷり入れてもいいかも。

スープをたっぷり作ったら、クスクスを蒸す。
これもフライパンにクスクスと同量の水を沸騰させて、クスクスを放り込んで、一分間蓋をするだけ。
めちゃくちゃアバウト。

あとはクスクスに具沢山スープをかけて(カレーライスみたいに)食べるだけ。
私はレモン汁をぎゅっと絞って食べました。
ワンプレーとで、あっさりしていて、栄養も取れて、サイコー!

この夏、一体、何度クスクスを作ったかなあ。
9月も活躍しそう。

トマトのジャム

ベランダの日差しのあまりの強さに、くたっとなっている植物が多い中、
ミニトマトだけは元気いっぱい。
赤と黄色の2種類
黄色の方がやたらに甘い

Img_1654 Img_1653

母親のところのフルーツトマトも大収穫だったようで、送られてきてしまい、
家中、トマトだらけになってしまったので、ジャムにした。

Img_1693

Pas mal!


林檎のリンゴ

日本のリンゴって本当にみずみずしくて美味しい。
カナダのリンゴの自然のままな、大らかな美味しさとは違う、舌のこえた日本の消費者に選ばれるよう手塩に掛けて、大切に育てられて来た完成品の美味しさ。

ずっと紅玉が食べたくて探していて、やっと近所のスーパーで見つけた。
カナダではマッキントッシュというリンゴが酸味を含む濃い味が紅玉に似ていてよく食べていたけれど、久々に食べた紅玉、やっぱりおいしい。

Dsc02293_3

紅玉を使ってカナダのケベック州のお菓子、Croustade aux pommes(クルスタッド・オ・ポム)を焼いてみた。ケベックの街角のカフェのガラスケースの中に、マフィンやガトーショコラと一緒に必ず置いてあったなあ。

Dsc02271_3

Dsc02274_2


ケベックだとメープルシロップで作るのだけれど、クルスタッドに日本風にきな粉と黒砂糖を使ってみたら、香ばしくてめちゃくちゃおいしくて、2日連続で作ってしまった。色黒なのは今回、黒豆きな粉を使ったから...

Croustade aux pommes et au KINAKO と勝手に命名。

材料の分量はホントに適当で。

<レシピ>

①紅玉2個(皮の付いたままイチョウ切り)+レーズン適量(お湯で戻して)にレモン汁一個分をふり掛けて、耐熱容器に敷いておく。

②クルスタッドを作る。
小麦粉50g、きな粉30g、黒砂糖(適量、30gくらいだった?)を振るいに掛ける。
冷やしたバター70gをパイ皮を作る要領で、粉類の中に揉み込んで、ポロポロにする。

①の上に②を振り掛け、クルミを散らし、170度くらいのオーブンで焦げすぎないよう様子を見ながら約20分焼く。

*熱々よりも冷まして食べた方が、表面のクルスタッドがクッキー風にクリスピーになって外はカリカリ、中は甘酸っぱいリンゴがトロトロしてホントに美味しいです。

あ〜また今日も作ってしまいそう...



 

オーブンが来た

ついにオーブンを買ってしまった。
(脈絡無く続けているこのブログ、最近、自分語りばっかりになってるな〜)

買ったというのは正確ではなく、某カードのポイントでゲットしたピザも焼けるというのが売りのデロンギのオーブントースター。
カナダではずっと40年物の、グリルしか出来ない壊れたオーブンを使っていたので、ピカピカの新品オーブンというのが嬉しくてしょうがない。
で、今日はちょっと気分転換にオレンジピールなど作ってみた。
このオーブンのkeep warm機能は、砂糖で煮込んだオレンジピールを乾燥させるのにちょうど良い。ただ完全に乾燥させるためには、一日中オンにしておかないといけないかも。(電気代が...汗)

Dsc02188

それにしてもデロンギってイタリア製だけあって、スタイリッシュなのは良いのだけれど、アメリカンなガラクタばかりに囲まれたこの古いアパートの中で完全に浮いている。
使い込んで黒ずんで来たくらいが調度よいかも。

Dsc02202_2

オレンジピール、今回は無農薬の伊予柑で作ってみた。
ビター&スイートが好きなので、苦みをかなり残して。
完成が待ち通しい〜。

Dsc02203_2

2月の色

2月に入って
節分が過ぎて
今日はまた雪。

しかし寒いこと、寒いこと。
日中は7度までしか上がらなかったらしい。
部屋の中に染み込んで来るような寒さで、暖房をフルに付けて過ごした。
7度ってカナダでは、オーバーを脱ぎ捨ててTシャツで外を歩く人が出て来るような気温ではないか...

こんなシャーベット状のぐしょぐしょに湿った雪を見ていると、逆にカナダの雪景色が懐かしくなったりする。ふうっと息を吹きかけると飛んで行く、フェザーのように軽い雪。


Img_0031_2

写真はiPhoneで。
近所に住むRさんと部屋でお茶をしていて、ふと桜餅と草餅の色の美しさに目を奪われた。優しい淡い桜色と草色。
日本の色だーと感激する私に、Rさんは”そうかなあ...”って顔をしていた。
日本にずっと住んでいたら、当たり前の事なんだろうけれど。

小麦粉の真実

最近、とても気に入っているフランス人経営のパン屋さん。
本当に美味しいのでほとんど毎日、買いに行っている。

Dsc01604

写真はうちの主食と化しているmiche blanche(白パン)。
外側はカリカリで、中身はしっとりもちもち。

ここはパンだけではなく、お菓子系も美味しい。
林檎、パンプキン、パンプキンシードが乗っかった秋の実りのパイ。

Dsc01193

あまりに美味しいので、「どこの小麦粉を使っているの?」と聞いてみたら
フランス本国の小麦粉を輸入しているそう。

”やっぱり〜”と頷いてしまった。

小麦粉の味の違いを意識し始めたのは最近の事。(遅いか...)
小麦粉は産地によって味も特徴も全然違って、それぞれに適した料理がある。常々カナダ産の小麦粉を使って焼いたパンはあまり美味しくないと思っていたのだけれど、やっぱりパンやお菓子には、フランス産の小麦粉が一番なのねと納得。

同じくピザもカナダ産で作るとx。

最近、ピザ台も手作りするようになったのだけれど、何かマズいなーと思っていたら、カナダ産の小麦粉を使っていたのが原因だった。
夏に日本に帰った時によく行くお店のマスターから「ピザの皮はイタリア産の小麦粉を使わないと美味しく無いよ」と教わった。

で、さっそくイタリアングローサリーでイタリアの小麦粉を買って来てピザを作ってみたら、全然、味が違って、美味しい!
こんなに違うなんてとホントに目からウロコだった。

Dsc01597 Dsc01591

Dsc01595

やっぱり素材って大切だー

トマトのパスタ

↓で手に入れたル・クルーゼのフライパンが重宝している。

昨日の一人ランチ。
トマトパスタ。

Dsc01454_2

イタリアの長細いトマトを半分に切って、ルクのフライパンでガーリックとオリーブオイルと一緒にじっくり焼いて、アンチョビーで味を付けて、ディチェコのパスタに絡めただけ。
トマトはそのまま焼いただけ。
これだけなのにとても美味しい。

この細長いイタリアントマト、イタリアンマーケットで安かったから買ってみたら、
その酸味の少なさと甘さが、パスタやピザなどにすごく合う。
皮がしっかりしているので、保存も効く。
このトマトのおかげで、最近、毎食イタリアンばかり作っている気がする。