林檎メール

  • ringobookss☆gmail.com ☆を@に変えて送信してくださいね。
フォト
無料ブログはココログ

nature

春の嵐

もうすっかり春ですね。今日などもう夏みたいに暖かかった。
でも今年は春がきた喜びよりも、春ってこんなに辛い季節だったっけ!?と思う事しばしば。
連日の春の嵐で、花粉は飛びまくるし、大気汚染物質も飛んで来てるしで、もうマスクの下で息も絶え絶え。目もしょぼついて、辛い毎日。。
年々冬の寒さ、夏の暑さや太陽の日差し、強風が身体に堪えるようになってきている気がするのですが、これは自分が年とともに衰えてきているせいなのか、それとも実際に地球環境が過酷になってきているのか、判断が付きません。

Dsc02562_2


風が収まり、日差しも隠れた夜に、近所を散歩しました。
曇った空から三日月が見えたり、隠れたりしていました。
ほとんど人通りもない静かな夜道を歩きながら、ほっと深呼吸。
もうこのまま夜のままでいいと思うくらい奇麗な夜でした。

Sanshuyu


近所の桜並木は、もう少しで花が開きそう。
ソメイヨシノに混じって、闇夜に鮮やかな黄色の花が咲いていました。
さんしゅゆ、別名はる黄金花という名の花だそうです。 サンシュユって名前もおもしろい。

9月の音

9月になった途端、虫の声が聞こえるようになりました。
日が射すと、蝉も鳴き始めるけれど、もう最後の力を振り絞ってという悲痛にも聞こえる鳴き方。
暦ってすごい。自然はちゃんと秋を察知するのでしょうか。

6


昨晩から雨が降って、ちょっと涼しくなったけれど、それだけで朝起きたら身体がだるくて、一日眠気が取れないので、カフェで久々にコーヒーを飲んだ。それもホットで!
昔から気温の変化には弱いです。
でも涼しい秋がくるのは嬉しい。涼しくなってくれないと、蝉のように力尽きそう。。

今日、ゲットした本。
「これから愉しむアンティーク ヴィクトリア朝」
アンティークの解説より、ヴィクトリア朝の時代の生活文化の紹介が興味深い。


キュウリの収穫

5月初旬に植えたキュウリがこんなに大きくなった
昨日、初の収穫である一本目を夕飯のおかずにしたばかり、
2本目ももうこんなに大きくなっている

Img_1435

植物との相性はあまり良くないようで、枯らしてばかりだったけれど
きゅうりは何とか上手く行きそうでうれしい〜

一生懸命育てて来た野菜や果物を原発事故のせいで破棄しなければならなくなった
農家の方々の気持ちを思うと胸が痛む




----------------------------


rainy feeling

After having a first mosquito bite on my hand friday,
the rainy season was announced to start in Tokyo and its surroundings.
Suddenly, I feel like cleaning every corner of the house,
fixing a broken pan, and buying unnecessary things.
Yesterday I bought a green cloth which is not always my typical choice of color
and without taking enough time to consider.
But that vivid green made instant positive effect on my emotion.
I wish the sky would be clearer and the green of the trees become more green.
We are still at the beginning of the rainy season though...


Img_1299




----------------------------

半日登山 ー 高尾山

登山と呼ぶほどおおげさなものではないけれど。
11時過ぎに家を出て、1時前に高尾山口駅に到着。
お昼ご飯にお蕎を食べてから、一気に山道を駆け上がって3時には頂上に立ち、
6時前には、家に帰れてしまうお手軽さは素晴らしい。
今住んでいる都心も周りに自然が多いせいで、空気は割と奇麗だと思っていたのだけれど、
さすがに山の空気は違った。


Img_1378_2


今回は割と道が急な稲荷山コースを上った。
足が思うように動いてくれることを確認できて満足。
帰りは山上駅まで歩いてからケーブルカーで下りた。
翌日はテニスだったので、タブルで筋肉痛のおまけつきだったけれど。

高尾山、また行こう!


Img_1389


Img_1366


Img_1377_4


小さな旅

週の真ん中にS,Y,Rの4人で小さな旅に出た。

向かったのは那須高原。
朝、5時半に起きて仕事をちょこっとして、それから上野まで自転車こいで、そこから電車で北へ。
自然が素晴らしかった。
那珂川の源流はコバルトブルー色に透き通っていた。
途中、立ち寄った板室温泉は那珂川沿いの小さな温泉郷。

Rさん推薦の大黒屋 さんは素敵なお宿だった。
今度ゆっくり来よう。財布と心の余裕のある時に...

旅の途中、ふと思ったのは、最近、物事を深く考えずに過ごしているなということ。
こういう山間の温泉にしばらく滞在して、日々の雑事を忘れて何もしないで過ごしたら、もう少し色々なことを深く掘り下げることが出来るかもなんていうこと。
観光なんてせず、グルメも追求せず、何にもしないで一日ぼーっと本なんか読んで過ごし、たまに川遊びなんかしたりして...
そういうのこそ、本当の贅沢なのだろうけれど。

Dsc02841

Dsc02852

Dsc02855

Dsc02861

Dsc02874

大黒屋さんの中庭

Dsc02866

Dsc02867



満月の猫

昨日は満月だった。
満月の夜はついつい外を出歩きたくなる。
久々に風吹く涼しげな外の気配に誘われて、夜の散歩へ。
が、涼しいと思ったのは錯覚。
アスファルトの上を昨日降った雨の湿気が未だ残っているかのようななまぬるく湿った風が通り抜けていた。

Dsc02767

しばらく歩くと、ずっとテナント募集中のままだった近所の空きビルに電気が付いていた。
やっと借り手が見付かったようだ。
いつもは曲がらない路地を曲がってみたら、建て込んだ小さな家々の間にまるで北欧のような丸みを帯びた木造住宅がたたずんでいた。
路地には赤ん坊の泣き声や母親のため息、クーラーのない学生寮の窓の向うで汗を拭く学生の気配がした。
ビニールプールは膨らんだまま。
百日紅が真夏の雪のような真っ白な花を咲かせていた。

屋根の上に白い野良猫がいた。
カメラを向けると少し身構えたが、すぐに好奇心いっぱいに見つめてきた。
せっかく静かに涼んでいたところ、邪魔してごめんね。

Dsc02770

満月の夜は色々なことが起るニャー。

+++

ブログデザインを変えようと思っているので、しばらくごだごたしてます...

滝を見る

蒸し暑い都内を抜け出したくて、電車にのった。
とにかく自然があって、人のいないところ、日帰りで安く行けるところ、
人気の観光地は避けて北へ

さすがの日本は電車が発達してる
快適な特急列車でけっこう遠くまで行けた。
ONE-DAY避暑

初めて行った秩父
ガラガラの秩父鉄道に乗って
梅雨のせいもあって、ホントに人が少なくて、のんびりできた

Dsc02737

ぼんやり岩の上に座って、滝をながめて過ごす

前日の大雨で湿気がけっこう凄かったのだけれど、
時々、山の上のほうからヒンヤリとした風が下りて来る
この涼風と、鳥のさえずりと、ザアザアと絶え間ない滝の水音が気持ちよくて
しばらく動きたくなかった

Dsc02708

森も神秘的

Dsc02691

何がいいって、ここは「蚊」が少ないのがよかった
蚊の天敵であるトンボとか、色々な虫が多いらしい

蚊と他の虫とどちらかを選べと聞かれたら、間違いなく他の虫を取るわたし(笑
蜘蛛も嫌だなあ 究極の選択だ

Photo2

手打ちの蕎麦も、田楽もおいしかった。
片道2000円の旅
また行きたい

ひと月まえの月

一ヶ月前に見た新月。
もう明日は満月だなんて...

Dsc02562_2


このごろまるで時差ボケのような状態が続いていて、何だかとても変。
午後の1、2時頃に、とにかく崩れ落ちたいくらい眠い
例えば目の前に人がいて、こちらに向かって喋っているにも関わらず、目を開けていられないほど眠くて、ごめんなさ〜い、となる。
もう一ヶ月もこんな感じで、ヤバいな〜

カナダに居た頃、西海岸に旅して3、4日過ごし、たった4時間の時差だというのに、東に戻ってからも長く執拗な時差ボケに悩まされたことがあった。
あの時の感じによく似てる

コーヒー3杯にチョコレート
起きなきゃ、起きなきゃ

Dsc02551

sleeping beautyのように眠りたい
(スリーピング・ブスでいい...)
...けど5時には目が醒める

GW

ゴールデンウイーク、いかがお過ごしでしょうか〜

若葉の芽吹く季節が一年で一番好きです。

とは言え、最近のわたしには連休とか関係無くて、
ここのところ、ほとんど家にカンズメ状態...
窓から眺める樹々の風景に慰められています

うらめしいので、カナダの若葉の写真などアップして、気をまぎらわそう...

Dsc08766

これはメープルの木。
爽やかな風のシャワーが降り注いでくるようだ〜
東海岸で若葉が芽吹くのは、多分、5月に入ってからでしょう

もうすぐだなー

より以前の記事一覧